2016年08月29日

提灯のこと

まだまだ残暑厳しい日が続きますが、個人的には8月が終わると夏も終わるような気がします。
長岡も日中は暑いですが、朝晩はだいぶ涼しく過ごしやすくなってきました。

先頃このブログでお祭りについて書きましたが、今回は「提灯」の話をしたいと思います。
というのも、宮内と旧小出町(現魚沼市)では提灯がまったく違っていたのです。

s_160829-1.jpg
↑こちらが宮内の提灯。丸くころんとした形がかわいらしく、白地に赤の桜?に品を感じます。

s_160829-2.jpg
↑対して、こちらが旧小出町の提灯。縦長の円筒形。中央に大きく「献灯」の文字。暗くて見づらいのですが、献灯の文字を囲むように桜?の花が描かれています。

宮内と旧小出。提灯ひとつですが、なぜこんなにも違うのか?
宮内と旧小出の間にある、長岡市滝谷町、小千谷市、長岡市川口町、魚沼市堀之内はどちらの提灯タイプなのか?
これは要調査ですね。
判明次第、またこちらのブログでお知らせしたいと思います!

posted by apm at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 宮内・摂田屋探訪

2016年08月15日

お祭り(高彦根神社 / 清水川辺神社)

日本各地でお祭りが開催されていますね。
「まつり」は「祀り」であり、本来は神様を祀ること、またその儀式のことです。

宮内5丁目にある高彦根神社は「延喜式」にもその名を記載されている歴史ある神社です。
毎年8月17日、18日は高彦根神社のお祭りが行われます。
高彦根神社に伝わる神楽が奉納されたり、獅子頭を先頭とした神輿、山車が巡行したりと、なかなか雅やかなお祭りです。
s_160815-1.jpg

s_160815-3.jpg
(2016.08.07 高彦根神社)

一方、APM職員の森山が住む旧小出町のお祭りも8月です。こちらは宮内から少々遅れ、毎年25日から27日に行われます。神社は、清水川辺(しみずかわべ)神社です。
26日には花火も打ち上がります。長岡花火には遠く及びませんが、次の花火が上がるまでの間遠なところなどに風情を感じます。
s_160815-2.jpg

s_160815-4.jpg
(2016.08.09 清水川辺神社)

宮内の高彦根神社祭礼も小出まつりも、毎年決まった日に行われます。
人が参加しやすい週末などに日にちを設定するところもありますが、神をまつる日なのですから、昔からある「その日」を大切にしたいと、私などは思います。
posted by apm at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮内・摂田屋探訪

2016年08月08日

福島江サイホン

7月18日にこのブログでご紹介した福島江のサイホン(サイフォン)。
サイホンとは、「隙間のない管を利用して、液体をある地点から目的地まで、途中出発地点より高い地点を通って導く装置」(Wikipedia)です。

福島江は、17世紀、水不足解消のため作られた人工の川です。
妙見堤から信濃川の水を取り入れ、約20kmもの距離を流れます。
その20kmの間に、太田川サイホン、柿川サイホン、栖吉川サイホン、池ノ島サイホンと4つのサイホンがあります。
妙見堤から取り入れられた水が出会う最初の川である太田川をくぐるのが、先日ご紹介した太田川サイホンです。

サイホン出口からどくどくと吐き出される福島江の水量には、本当に圧倒されます。

posted by apm at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月01日

長岡まつり 前夜祭

本日、8月1日は長岡まつり前夜祭です。
1945年8月1日に行われた長岡空襲の被害者慰霊のために、花火の打上げや灯籠流しが行われます。
灯籠流しは19:00から柿川で、花火は空襲の始まった22:30に「白菊」という花火を打ち上げます。

恒久平和への願いが込められた長岡まつり。
今年も始まります。

posted by apm at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記